テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
見えてきたガンの正体
西村肇著
-- 筑摩書房 , 1999 , 233p. -- (ちくま新書 ; 202)
ISBN : 新<9784480058027> , 旧<4480058028>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
30年に及ぶ分子生物学によるガンの研究成果は、ここにジグソーパズルのように組み合わさって、ガンの正体を浮かび上がらせる。
遺伝子、ウイルス、クローン、免疫系など、分子生物学の内容を実感として理解できる説明に加え、ガンの仕組みと治療法を明快に解き明かす。
ガン、遺伝子だけでなく、知能、生命、人間、巨大システムに深い関心を寄せる現代人必読の書。
1章 身のまわりのガン
2章 ガンとはこんなもの—メタファーによる理解
3章 ガンをやっつける自衛組織—免疫系の働き
4章 遺伝子って何
5章 細胞がガンになるのはなぜ
6章 人がガンになるのはなぜ
7章 ガンは治せるか
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP