テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
セーフティーネットの政治経済学
金子勝著
-- 筑摩書房 , 1999 , 206p. -- (ちくま新書 ; 214)
ISBN : 新<9784480058140> , 旧<4480058141>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
バブル期から今日に至るまで「自己責任」や「規制緩和」がいわれ続けている。
こうした市場原理主義的な政策と、無節操な公的資金投入を繰り返した結果、デフレが深刻化している。
長期停滞から抜けだし、失業や年金不足といった将来不安を解消するには、セーフティーネット(安全網)を張り替え、大胆な制度改革につなげていくことが不可欠だ。
ハイリスク社会に警鐘を鳴らし、「市場か政府か」という二元論を超えた、第三の道を具体的に提唱する。
プロローグ 病気と誤診—なぜ不況が長期化したのか
第1章 経済学の失敗
第2章 セーフティーネットとは何か
第3章 市場の限界をどうとらえるか
第4章 グローバルスタンダードの落とし穴
第5章 セーフティーネットの再構築
第6章 第三の道—財政中立的な制度改革
エピローグ 信頼の経済学序説
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP