テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
企業年金の未来 : 401kと日本経済の変革
中北徹著
-- 筑摩書房 , 2001 , 190p. -- (ちくま新書 ; 281)
ISBN : 新<9784480058812> , 旧<4480058818>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
高齢化・少子化を背景に、公的年金制度がゆきづまりつつある。
長引く不況による低金利のなか、企業年金も運用難に陥っている。
これを大きく変えるのが「確定拠出年金(日本版401k)」である。
本書ではこの確定拠出年金が、労働移動や税制、国際会計基準の問題から、株式や投資信託などの家計における資産の運用に至るまで、日本の経済社会システム全般に関わる大きなテーマであることを概説し、今後の企業・サラリーマンおよび日本経済の未来を展望する。
序章 なぜ確定拠出型の企業年金が必要なのか
第1章 企業年金改革はどのような経緯をたどってきたのか
第2章 日本的慣行の変革をうながす企業年金改革
第3章 米国の401(k)プランとはどういうものか
第4章 金融変革と確定拠出年金
第5章 企業年金の将来
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP