テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
現代ロシアを読み解く : 社会主義から「中世社会」へ
袴田茂樹著
-- 筑摩書房 , 2002 , 222p. -- (ちくま新書 ; 334)
ISBN : 新<9784480059345> , 旧<4480059342>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
エリツィン前大統領はテレビでの引退声明で、「ロシアは社会主義国から一足飛びに文明国になれると考えたが、われわれはあまりにも素朴であった、問題は考えていたよりもはるかに複雑だった」と涙ながらに国民に謝罪した。
1991年にソ連体制が崩壊して十年あまり、ロシアには市民社会とは異なる、現代の「中世国家」が生まれてしまった。
ロシア社会の本質は何なのか。
プーチン大統領はこのロシアをどうしようとしているのか。
日本とロシアの比較という視点から、日本人にしか見えない独自の切り口で、ロシアとその歴史を根本的に見直す。
第1章 松山ロシア捕虜カルチャー・ショック(性悪説社会と性善説社会;日本人の畜生め!日本を開国させたペリー提督の奴め!)
第2章 二〇世紀ロシアをどう見るか(二〇世紀初頭からロシア革命まで;戦時共産主義からネップ、スターリン時代へ;他の選択肢はなかったか)
第3章 ペレストロイカからプーチン時代へ(ペレストロイカの意味するのもの;エリツィン時代からプーチン時代へ)
第4章 中世社会ロシア(国家に代わる秩序維持機関;ロシアと封建体制の問題をめぐって;中世社会における生活の智恵)
第5章 ロシアに対する日本的アプローチ
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP