テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
現場から見た教育改革
永山彦三郎著
-- 筑摩書房 , 2002 , 202p. -- (ちくま新書 ; 349)
ISBN : 新<9784480059499> , 旧<4480059490>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
二〇〇二年度より実施になった新学習指導要領。
「ゆとり教育」・「総合学習」の流れに沿ったこの改革案は、ここ一〇年段階的に学校へと導入されてきた。
それが多くの長所を有しながら、教育現場に混乱をもたらさざるを得なかったのはなぜか?
学校の問題とはそのまま社会の問題であり、そこを無視して真の教育改革はあり得ない。
本書では、子どものヤンキー化・社会の二極分化という問題までをも視野に、現場教師が自身の切実な実体験にもとづき、学校システムの根本的改革を提唱する。
第1章 現場から見た教育改革(五年生の壁;「算数、好きになったよ」 ほか)
第2章 総合学習と学力低下(「総合的な学習の時間」とは;これまでやってきた総合学習たち ほか)
第3章 ヤンキー化(不良化)する地方、そして学校(レクサスとオリーブの木;フェイク化する地方 ほか)
第4章 大人はどうあるべきか(金髪おにいちゃんたちに注意する、という行為;ピアスを開けた娘をぶん殴った父親 ほか)
第5章 新たな教育・学校システムへ(教育改革の良い点;教育改革の問題点 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP