テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
学力低下論争
市川伸一著
-- 筑摩書房 , 2002 , 252p. -- (ちくま新書 ; 359)
ISBN : 新<9784480059598> , 旧<4480059598>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
分数ができない大学生、勉強時間の顕著な減少。
いま子どもたちの学力が低下している…。
こうしたショッキングな見解をめぐり激化した学力低下論争の背景には、実に多様な争点が複雑に絡みあっている。
本書は、各論者の主張を丹念にたどりつつ、彼らの役割意識や動機までをも考慮することで、学力低下論争の構図を明快にときほぐす。
さらには、論争を踏まえた上で、「『ゆとり』より『みのり』ある教育」を提唱する。
序章 学力低下論争の構図
第1章 学力低下論の源流
第2章 学力低下論争の火ぶた
第3章 論争の展開とその影響
第4章 論争をひもとく
終章 みのりある教育に向けて
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP