テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
統合失調症 : 精神分裂病を解く
森山公夫著
-- 筑摩書房 , 2002 , 237p. -- (ちくま新書 ; 361)
ISBN : 新<9784480059611> , 旧<448005961X>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
これまで、「わからない病」「治らない病」として差別的に扱われてきた「精神分裂病」という名称が「統合失調症」に変わった。
過労・不眠によって心が閉ざされてゆく発病までの初期段階から、対人恐怖・迫害妄想の段階を通り発病に至るまでの経緯を解明。
心・身体・社会という統合的視点から、この病を了解的に捉えなおす。
汎精神疾患論のアプローチから、精神病理を解体する。
精神分裂病から統合失調症へ
1 精神疾患とはなにか?(精神の危機と自明性の喪失;狂と狂気;汎精神疾患論の提起)
2 関係失調としての統合失調症(「精神分裂病」概念のはらんできた矛盾;迫害妄想論の展開)
3 迫害妄想病の人間学的構築(迫害妄想型の三段階;対人/社会恐怖様段階;迫害的幻覚・妄想期;夢幻様状態)
「慢性化」の問題と「経過型」について
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP