テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
金融史がわかれば世界がわかる : 「金融力」とは何か
倉都康行著
-- 筑摩書房 , 2005 , 238p. -- (ちくま新書 ; 516)
ISBN : 新<9784480062161> , 旧<4480062165>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
本書は、世界の金融取引がどのように発展してきたかを観察しながら、今後の国際金融の展望を、実務的な視点から考えたものである。
国際金融という場には、金や銀という一時代前の地金の問題や、中央銀行の役割、変動する為替市場、金融技術、資本市場といった現代的な問題が複雑に絡み合っている。
これを網羅的かつ歴史的に捉えることを試みる。
第1章 英国金融の興亡—地金からポンドへ(ポンドと銀貨の長い歴史;ポンドがめぐり英国経済はまわる ほか)
第2章 米国の金融覇権—ポンドからドルへ(英国はなぜ動脈硬化に陥ったのか;新興国アメリカの挑戦 ほか)
第3章 為替変動システムの選択—金とは何だったのか(ブレトンウッズ体制の時代へ;変動相場制の幕開け ほか)
第4章 金融技術は何をもたらしたか—進化する資本市場(先物取引の誕生;金融技術はどう利用されたか ほか)
第5章 二極化する国際金融—ドルvsユーロの構図(ユーロの驚くべき金融力;米国の金融覇権を支えるFRB議長 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP