テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
売文生活
日垣隆著
-- 筑摩書房 , 2005 , 266p. -- (ちくま新書 ; 523)
ISBN : 新<9784480062239> , 旧<4480062238>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
投稿生活をへて作家・ジャーナリストとなった著者のみならず、物書きにとってお金の問題は避けて通ることのできない重大事だ。
本邦初の“フリーエージェント宣言”をなし遂げた文豪・夏目漱石、公務員初任給の一〇〇倍は稼いでいた「火宅の人」檀一雄、「底ぬけビンボー暮らし」に明け暮れた作家・松下竜一…。
明治の文士から平成のフリーライターまで、物書きたちはカネと自由を求めて苦闘してきた。
本書ではそうした姿を、出版界の“秘部”とも言いうる「原稿料事情」を通じて描き出す。
類例なき作家論にして日本文化論である。
序章 私的売文生活入門
第1章 原稿料とは何か
第2章 幸せな黄金時代
第3章 標準としての夏目漱石
第4章 トップランナーたちの憂鬱
第5章 貧乏自慢もほどほどに
第6章 現代日本の原稿料事情
終章 お金も自由も
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP