テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
万博幻想 : 戦後政治の呪縛
吉見俊哉著
-- 筑摩書房 , 2005 , 302p. -- (ちくま新書 ; 526)
ISBN : 新<9784480062260> , 旧<4480062262>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
高度成長の頂点を象徴する大阪万博から数え、二〇〇五年の愛知万博は日本で開催される五度目の万国博覧会である。
その間、万博は一貫して、豊かさへの大衆的な欲望と国家の開発主義政策との癒着を可能にする仕掛け—万博幻想—として機能してきた。
本書は、こうした「幻想」を広く長く作用させてきた「政治」の場としての万博の内実とその行く末を、国家と地方行政、財界、知識人そして大衆の間に繰り広げられるせめぎ合いに焦点を当てることで浮き彫りにする試みである。
序章 戦後政治と万博幻想
第1章 成長のシンボルとしての万博—東京五輪から大阪万博へ
第2章 沖縄海洋博という分身—「本土復帰」と万博幻想
第3章 学園都市と科学万博—つくば科学博と幻想のほころび
第4章 Beyond Development—愛知万博の転変と選択
終章 万博幻想と市民政治
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP