テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本の「ミドルパワー」外交 : 戦後日本の選択と構想
添谷芳秀著
-- 筑摩書房, 2005.5 , 236p. -- (ちくま新書 ; 535)
ISBN : 新<9784480062352> , 旧<4480062351>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
戦後の日本外交は、憲法九条を維持したまま日米安保条約を結ぶという吉田茂の「中庸」の選択によって規定されてきた。
しかしこの外交路線は左右両政治勢力から攻撃され、「平和国家日本」と「大国日本」という国家像の分裂をもたらし、時にそれが日本外交の足枷となってきた。
本書は吉田路線の上を歩んできた戦後日本外交の主体性を「ミドルパワー外交」の視座から掘りおこす。
ミドルパワー外交とは、大国との全面的対立を放棄しつつ、紛争防止や多国間協力などに力点をおく外交である。
国際政治および戦後日本外交への深い洞察によって導き出された、等身大の日本外交を考えるための必読書。
序章 なぜミドルパワー外交か
第1章 戦後日本の再生—吉田路線の深層
第2章 高度成長期の葛藤—吉田ドクトリン再考
第3章 デタント期の日本外交—米中ソ戦略ゲームのはざまで
第4章 非核中級国家論の実践—中曽根外交の実像
第5章 国際安全保障の模索—冷戦後の日本外交
終章 ミドルパワー外交の構想
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP