テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
誇大自己症候群
岡田尊司著
-- 筑摩書房, 2005.9 , 249p. -- (ちくま新書 ; 555)
ISBN : 新<9784480062635> , 旧<4480062637>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
「普通の子」が、些細なことから突発的に凶悪な事件を起こす。
彼らはなぜ、世間を震撼させる犯罪者になったのか?
従来の精神医学ではとらえきれない病理を、「誇大自己症候群」という切り口から探る。
そこに共通するのは、幼児的な万能感やヒーロー願望、現実感に乏しいファンタジー傾向、他者への共感性の欠如や自己正当化などである。
そしてそれらは、とりもなおさず、現代の大人たち、ひいては社会全体に見られる心的傾向なのだ。
本書では、この病理を徹底分析、自己の呪縛が肥大化した現代を検証しつつ、その超克を見据えた画期的論考。
第1章 異常事態の根底にあるもの
第2章 誇大自己症候群とは何か
第3章 誇大自己症候群の悲劇
第4章 誇大自己症候群を生む現代社会
第5章 身近にひそむ誇大自己症候群
第6章 誇大自己症候群の克服
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP