テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
改憲問題
愛敬浩二著
-- 筑摩書房, 2006.4, 254p. -- (ちくま新書 ; 594)
ISBN : 新<9784480062994> , 旧<4480062998>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
日本国憲法は「占領軍に押しつけられたものだ」「もはや古くなった」「自衛隊すら認めないなんて非現実的だ」…。
こんな改憲必要論が巷に溢れている。
しかし、戦後憲法は現実にどう機能してきたのか、また、そのどこに問題があり、どう改正すると、どんな効果が期待できるのか。
現在の改憲論議に欠けているのは、こうした改憲の「実質」を問う視座である。
本書は、現代改憲の思惑と帰結をクールに診断し、いま「護憲」であることの意味を、徹頭徹尾「リアル」な語り口で問いなおす試みである。
改憲に賛成の人も反対の人も必読の一書。
ある日の狩田ゼミの風景—序に代えて
第1章 自由への長く曲がりくねった道—「押しつけ憲法論」を超えて
第2章 改憲論議はタブーだったのか—戦後改憲論の系譜
第3章 現代の改憲動向を読む—なぜ明文改憲なのか
第4章 世代ごとの憲法?—憲法とプリコミットメント
第5章 神学論争を超えて?—改憲必要論のトレンドを読む
第6章 九条論の構造転換?—最近の九条論を読む
第7章 自民党の「新憲法草案」—どこが問題か、なぜ問題か
第8章 憲法九条の「効用」—あるいは「護憲」のリアリズム
第9章 国を愛すること、憲法を愛すること—「愛国心」を考える
別の日の狩田ゼミの風景—結びに代えて
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP