テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
病いの哲学
小泉義之著
-- 筑摩書房, 2006.4 , 236p. -- (ちくま新書 ; 593)
ISBN : 新<9784480063007> , 旧<4480063005>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
病み衰えて末期の状態にある人は死ぬほかない。
死の哲学はそう考える。
しかし死にゆく人にもその人固有の生命がある。
死の哲学はそれを見ようとせず、生と死の二者択一を言い立てる。
ソクラテスもハイデッガーもレヴィナスも、この哲学の系譜にある。
そのような二者択一に抗すること。
死へ向かう病人の生を肯定し擁護すること。
本書はプラトン、パスカル、デリダ、フーコーといった、肉体的な生存の次元を肯定し擁護する哲学の系譜を取り出し、死の哲学から病いの哲学への転換を企てる、比類なき書である。
1 プラトンと尊厳死—プラトン『パイドン』
2 ハイデッガーと末期状態—ハイデッガー『存在と時間』
3 レヴィナスと臓器移植—レヴィナス『存在の彼方へ』
4 病人の(ための)祈り—パスカル、マルセル、ジャン=リュック・ナンシー
5 病人の役割—パーソンズ
6 病人の科学—フーコー
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP