テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
「不利益分配」社会 ; 個人と政治の新しい関係
高瀬淳一著
-- 筑摩書房, 2006.8, 205p. -- (ちくま新書 ; 612)
ISBN : 新<9784480063168> , 旧<4480063161>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
財政赤字という経済問題と、少子高齢化という社会問題を背景に、日本はこれからしばらく「不利益」の分配、負担増の時代が続く。
どの政党のどの首相が政権についても、この時代の宿命は避けて通れない。
こうした時代の政治がうまく機能できるかどうかは、「政治家の技量にたいする市民の判断力」と、「政治力」の復権にかかっている。
「利益分配」から「不利益分配」への転換点となった、小泉政権以前・以後の政治文化のちがいを明らかにするとともに、不利益分配時代の個人と政治と社会の関係をとらえなおす、目からウロコの政治学入門。
序章 小泉クーデタの真相
第1章 「不利益分配政治」への移行
第2章 ゆらぐ日本の政治文化
第3章 不利益分配社会の国家像
第4章 政治力の復権
第5章 「見せる政治」と「魅せる政治」
第6章 デファクト首相公選時代
終章 首相の選び方
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP