テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
中国・アジア・日本 : 大国化する「巨龍」は脅威か
天児慧著
-- 筑摩書房, 2006.10, 222p. -- (ちくま新書 ; 621)
ISBN : 新<9784480063267> , 旧<4480063269>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
「大国」としての存在感を増す中国。
農村問題、官僚汚職、メディア規制など、歪んだ社会構造に蝕まれてはいるが、中国の経済成長率が六〜八%を維持するならば、二〇一五年ごろにGDPは日本と肩を並べるだろう。
これは、東アジアに日本と中国という二つのパワーが登場することを意味する。
そのとき、日中関係はどうあるべきなのか?
本書では、反日・反中感情の構造、米中関係の実態、東アジア共同体の可能性などを冷静に分析し、「巨龍」のゆくえを大胆に展望する。
中長期的な視点から日中関係を正しくとらえるための必読の書。
序章 日本・東アジアを取り巻く新しい可能性
第1章 反日・反中問題をどう捉えるか
第2章 台頭する中国と病める中国
第3章 対米外交と「和諧」戦略
第4章 東アジア共同体と新国際秩序構想
終章 日本外交をどう展望するか
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP