テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
病原体から見た人間
益田昭吾著
-- 筑摩書房, 2007.7, 237p. -- (ちくま新書 ; 667)
ISBN : 新<9784480063687> , 旧<4480063684>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
環境を破壊して繁栄を謳歌し、諸欲によって我が身の破滅を招く…。
人間の本質を、病原体から読み解く理不尽すぎる行為の謎。
第1章 病原体の環境と人間の環境(「環境あっての生物」という原則に反する存在;宿主—寄生体関係の起源とは ほか)
第2章 生物としての病原体(細菌に寄生するバクテリオファージ;本来の環境を失った生物のありよう ほか)
第3章 いろいろな病原体の生き方(予防接種とは免疫のしくみを利用し直すこと;ヒトは破傷風菌の生態に影響力を持たない ほか)
第4章 病原体としての人間(環境と生物は対等の関係にある;環境の論理と寄生体の論理 ほか)
第5章 人間特有の生き方(複数の個人を宿主とする寄生体としての「公」;記号による世界は時間的に存在する ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP