テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
仕事と日本人
武田晴人著
-- 筑摩書房, 2008.1, 299p. -- (ちくま新書 ; 698)
ISBN : 新<9784480064066> , 旧<4480064060>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
資本主義であれ社会主義であれ、近代以降のあらゆる国家は「労働」を賛美してきた。
しかし、こうした仕事観が常識となったのは、それほど昔のことではない。
私たちの御先祖様は、金回りがよくなると、仕事を勝手に休んでいた。
彼らは「労働の主人」たりえたのだ。
それに比べて、現代の労働のなんと窮屈なことか。
仕事の姿は、「会社」の誕生によって大きく変わったのである—。
江戸時代から現代までの仕事のあり方をたどり、近代的な労働観を超える道を探る「仕事」の日本史200年。
第1章 豊かな国の今、問われる選択
第2章 「労働」という言葉
第3章 「仕事」の世界、「はたらき」の世界
第4章 「労働」観念の成立
第5章 時間の規律
第6章 残業の意味
第7章 賃金と仕事の評価
第8章 近代的な労働観の超克
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP