テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
金融vs.国家
倉都康行著
-- 筑摩書房, 2008.6, 252p. -- (ちくま新書 ; 724)
ISBN : 新<9784480064288> , 旧<4480064281>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
国際金融はリアリズムの世界である。
そこでは国家の思惑がぶつかりあい、さまざまな「力学」が交差する。
大航海時代の15世紀も、ロスチャイルド家が活躍した18世紀も、人民元やオイルマネーが跋扈する21世紀も、その構図はさして変わらない。
むしろ、サブプライム禍以後、市場では国家の役割がいっそう大きくなりつつある。
もはや金融は、国家プロジェクトなのである—。
国家はどのように金融に関わってきたのか。
規制と自由はいかにバランスされてきたのか。
歴史を振り返り、日本の金融のあるべき姿を考える。
第1章 金融力の競争時代—金融と国家の位相(軍事力と金融力;金融は有益な機能なのか ほか)
第2章 国際金融の力学—どのように発展してきたか(国際金融はどのように始まったのか;資金はどのように資本化されたか ほか)
第3章 金融の現代史—国家は推進力になりうるか(国際金融危機はどう切り抜けられたか;米国による金融の制度設計 ほか)
第4章 金融力拡大戦略—各国は金融をどう捉えているのか(日本の失敗から学ぶ中国;スイスはなぜ金融立国となったのか ほか)
第5章 日本の金融力再考—金融戦略に無関心な日本(「金融鈍感力」の大きな弊害;制度設計力の重要性 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP