テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
ルポ 産科医療崩壊
軸丸靖子著
-- 筑摩書房, 2009.8, 221p. -- (ちくま新書 ; 798)
ISBN : 新<9784480064967> , 旧<4480064966>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
産科医が自らを語るのに使う枕詞がある。
絶滅危惧種—。
保護してももう手遅れ、産科医が日本から消えるのを止めることはできない、という自嘲の言葉だ。
医師も産める場所も激減した背後でお産難民や妊婦"たらい回し"などが急増している。
そして、激務に喘ぐ新生児科。
少子化の危機が叫ばれるいま、周産期医療の現場では、何が起こっているのか。
これから産み、育てる私たちはいったい何ができるのか。
プロローグ 周産期医療の現実
第1章 産み場所はなぜ消えるのか
第2章 増える「危うい」妊娠
第3章 増える「困った」妊婦
第4章 逃げ出す医師たち
第5章 被災地・NICU
第6章 助産師は時代の救世主か?
第7章 安心して産むために
エピローグ 絶滅危惧種
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP