テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
金融危機にどう立ち向かうか : 「失われた15年」の教訓
田中隆之著
-- 筑摩書房, 2009.6, 270p. -- (ちくま新書 ; 786)
ISBN : 新<9784480064974> , 旧<4480064974>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
金融危機と不況に苦しむ国家は、さまざまな政策を打ち出してこれを脱しようとする。
それらの政策は、どのような狙いと効果をもつのか。
なかには、効果が疑われるものや、副作用が懸念されるものもあり、論争を呼ぶ。
この議論に示唆を与えるのが、平成不況、すなわち「失われた15年」での日本の経験だ。
当時、金融政策は量的緩和という未踏領域に踏み込み、財政政策は巨額の減税と公共事業を行った。
金融システム安定化のための政策(プルーデンス政策)は、銀行の破綻処理や救済を行い、その体系を整えた。
本書では、90年代以降に展開された3つの政策を総括し、その経験が世界同時不況にどう生かされているかを考える。
序章 3つの危機対応策を問いなおす
第1章 「失われた15年」の危機対応策—3つの政策の位置
第2章 未踏領域の金融政策
第3章 財政政策の展開と赤字拡大
第4章 不良債権問題とプルーデンス政策
第5章 世界金融危機における経済対策
第6章 教訓を生かせるか—3つの政策の新たな課題
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP