テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
「中国問題」の核心
清水美和著
-- 筑摩書房, 2009.9, 222p. -- (ちくま新書 ; 801)
ISBN : 新<9784480065063> , 旧<4480065067>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
建国60周年をむかえた人民共和国に、搾取を否定した「赤い」理念はもはやない。
「人民」不在で進められる改革・開放が、陰惨な矛盾を社会にもたらし、国家の基盤が激しく揺らいでいる。
その制御をもくろむ共産党指導部は、軍備を増強してナショナリズムを強め、国家の凝集力を高めようとするが…。
毒ギョーザ事件、新疆動乱、尖閣諸島、米国との接近。
日本人の想像も及ばない大国で、いま、何が起きているのか。
中国各地を精力的に取材しつづける実力派ジャーナリストが、共産党政権の内部事情を精確に分析し、現代史的な視点から「巨龍」の生態を描く。
第1章 再び高まる東シナ海のうねり
第2章 対日接近への反動
第3章 「三胡」の継承と断絶
第4章 今も続く「天安門」の問い
第5章 「和諧」路線の挫折
第6章 軍に傾斜する胡錦涛
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP