テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
子供をふつうに育てたい
長山靖生著
-- 筑摩書房, 2010.8, 222p. -- (ちくま新書 ; 860)
ISBN : 新<9784480065643> , 旧<4480065644>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
ふつうの子育てが難しくなってきている。子供をめぐる相次ぐ犯罪。家庭の外にも危険はあふれているが、本当の危機は家庭内にこそある。かつては特殊な家庭にだけ起こると思われていた児童虐待、親殺し、子殺しといった事件は、ほんの少しの親子関係のゆがみが引き起こす、今やどの家庭にでもあり得るものとなってしまった。子供を愛するがゆえに、かえって病の構造を抱えてしまうのはなぜか。子供が幼児期から自立するまでを無事に過ごすために、親ができることを考える。
序章 「ふつう」がどんどん遠くなる(「ふつう」が難しい
わが子の事件かもしれない ほか)
第1章 「お子様」な親たちの罪-虐待の誘惑をどう斥けるか(「育てられる者」から「育てる者」へ
ネグレクト-自覚なき悪意の怖さ ほか)
第2章 「あの子と同じ」という抑圧(「お受験殺人」とはなんだったのか
少子化・晩婚化・階層化とお受験 ほか)
第3章 格差拡大の恐怖が、親子を脅かす(子供の「階層化」の亢進
「親の関心」は経済力に勝る ほか)
第4章 子供の自立にどうかかわるか(思春期の危機は誰にでも訪れる
暴力衝動をどう発散させるか ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP