テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
鉄道と日本軍
竹内正浩著
-- 筑摩書房, 2010.9, 253p. -- (ちくま新書 ; 863)
ISBN : 新<9784480065698> , 旧<4480065695>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
鉄道は、いつの時代も最大の国家プロジェクトだった。同時に、鉄道は軍事と不可分のものでもあった。泰平の長い眠りから覚め、弱肉強食の熾烈な国際関係の渦に放り出された日本が、富国強兵政策のもとでひたすら国力涵養に努め、植民地化を免れて、列強の一角を占めることができた時期こそ、鉄道の黎明期だった。鉄道と軍事の一体化に努めたことにも、その力の源泉はある。国策としての鉄道に光を当て、日本の発展をたどる。
第1部 西南の役と鉄道(鉄道時代の幕明け
西南の役)
第2部 日清戦争と鉄道(東西両京幹線問題
富国強兵と鉄道
日清戦争)
第3部 日露戦争と鉄道(鉄道権益
ロシアの脅威
日露開戦
鉄道戦争)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP