テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日中対立 : 習近平の中国をよむ
天児 慧著
-- 筑摩書房 , 2013.6, 270p. -- (ちくま新書 ; 1016)
ISBN : 新<9784480067210> , 旧<4480067213>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
転機は二〇一〇年だった。この年、中国は「東アジア共同体」構想を放棄し、「中華文明の復興」を掲げて大国主義へと突き進みはじめる。領土問題で周辺国との衝突をためらわず、とりわけ尖閣諸島をめぐって日本との対立が先鋭化した。変化の背景には、共産党内部での権力闘争があった。熾烈な競争を勝ち抜き、権力を掌握したのは習近平。G2時代が現実味を増すなかで、新体制の共産党指導部は何を考えるのか?権力構造を細密に分析し、大きな変節点を迎える日中関係を大胆に読み解く。内部資料などをもとに、中国の動向を正確に見究める分析レポート。
序章 日中関係の大転換;
第1章 習近平の中国はどこへ向かうか;
第2章 現代の日中関係
;第3章 中国外交の大転換;第4章 尖閣の争点;
第5章 「大国」の自画像;
終章 歴史のなかの日中関係;補論 シナリオ分析―20XX年、人民解放軍尖閣上陸
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP