テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
地図で読み解く日本の戦争
竹内正浩著
-- 筑摩書房 , 2013.10, 284p. -- (ちくま新書 ; 1036)
ISBN : 新<9784480067388> , 旧<4480067388>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
日常に欠かせない便利な「地図」と、軍事との密接な関係、血塗られた歴史を想像するのは難しい。だが、地図情報は誕生以来つねに国家権力が独占し、戦争と不可分のものだった。地図が戦争の勝敗をわけるし、その作成のためには密かに敵国に潜入、秘密測量するなど、まさに命懸けの作業が必要である。じっさい、大戦時の日米両軍の地図は精度に天地の差があったし、これまで幾人もの測量員が殉職している。地図には、国のありようが、はっきりと現れるのだ。日本史の転換点を地図にさぐり、歴史に埋もれた残酷なエピソードを発掘する!
第1章 地図と世界観;
第2章 軍事と地図情報;
第3章 外邦図と日清戦争;
第4章 日露戦争と測量;
第5章 シベリア出兵と大正期の地図;
第6章 地図と情報戦;
第7章 「大東亜戦争」と地図;
第8章 自衛隊の地図
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP