テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
官邸危機 : 内閣官房参与として見た民主党政権
松本健一著
-- 筑摩書房 , 2014.02, 280p. -- (ちくま新書 ; 1055)
ISBN : 新<9784480067630> , 旧<4480067639>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
菅政権の東アジア外交問題担当の内閣官房参与となった著者は、尖閣諸島での中国漁船衝突事件と、ビデオ流出問題に直面した。そして翌年には3・11に遭遇。そこで目の当たりにしたのは、日本の統治システムの未曾有の危機だった。危機管理を阻んだのは民主党の政治的未熟だったのか、あるいは官僚のサボタージュだったのか。はたまた日本における統合思想の根本的欠如ゆえなのか。自ら推進した東アジア外交への反省をも含め、民主党政権中枢を内部から見た一知識人の回想録。
第1章 「運命」の3・11;
第2章 北京での突発的「外交」;
第3章 リアル・ポリティクス?;
第4章 始まりは歴史勉強会;
第5章 国家統治思想の欠如;
第6章 政治家の結果責任;
第7章 東アジアの外交;
第8章 第三の開国;
第9章 民主党政権の崩壊
おすすめコメント
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP