テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
金融史の真実 : 資本システムの一〇〇〇年
倉都康行著
-- 筑摩書房 , 2014.04, 237p. -- (ちくま新書 ; 1069)
ISBN : 新<9784480067746> , 旧<4480067744>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
資本主義や資本市場など、マネーが動く舞台「資本システム」。そこでは、ひとたびリスク計算が狂い始めると、負債が適正水準を超え、懸命に回避しようとしても危機は再燃する、その繰り返しだ。我々は、自在に変貌していくこのシステムの上で、あちこち振り回されながら生きているだけではないのだろうか。一二世紀イタリア都市国家からの金融史を概観して、資本主義に内在するメカニズムを暴き、金融メタボ症候群を形成する今日の問題の行方を探る。
プロローグ 姿を変える資本システム
第1部 リスクと金融の歴史(イントロダクション
第一期民間資本時代―一二‐一五世紀の民間経済時代
第一期公有化時代―一五‐一七世紀の王室権力時代
第二期民間資本時代―一八‐一九世紀の自由経済時代
第二期公有化時代―一九‐二〇世紀の政府支援時代
第三期民間資本時代―一九八〇‐二〇〇六年の新自由主義時代
第三期公有化時代―二〇〇七年以降の国有化時代
リスク計算と資本システム)
第2部 資本市場の脆弱性(不安の源泉は銀行とソブリン
リスク計算の行き詰まり
「ドルしかない」という弱み
資産バブルの必然性)
第3部 金融の過剰(「大きくて潰せない」は維持不能
中央銀行も失敗する
先進国の国債は救われるか
成長主義の誤謬)
エピローグ 本質を見抜いた二人の経済学者
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP