テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
老人喰い : 高齢者を狙う詐欺の正体
鈴木大介著
-- 筑摩書房 , 2015.2, 238p. -- (ちくま新書 ; 1108)
ISBN : 新<9784480068156> , 旧<4480068155>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
オレオレ詐欺、騙り調査、やられ名簿…。平均2000万円の預金を貯め込んだ高齢者を狙う詐欺「老人喰い」が、いま急速に進化している。高齢者を騙すために合理化された組織をつくり、身元を徹底的に調べあげ、高いモチベーションで詐欺を行う若者たち。彼らは、どのような手口で高齢者を騙しているのか。どのような若者たちが、どのような心理で行っているのか。裏稼業で生きる若者たちに迫ることから、階層化社会となった日本の抱える問題をあぶりだす。
第1章 老人を喰らうのは誰か―高齢者詐欺の恐ろしい手口(会社員風の若者たち
彼らは誰を狙っているのか ほか)
第2章 なぜ老人喰いは減らないか―(株)詐欺本舗の正体(なぜ老人喰いは減らないか
(株)詐欺本舗の企業概要 ほか)
第3章 いかに老人喰いは育てられるか―プレイヤーができるまで(平手打ちの飛ぶ研修
「ダミー研修」による選抜 ほか)
第4章 老人喰いとはどのような人物か―4人の実例からみた実像(激変するプレイヤーの素性
ケース1 闇金系融資保証金詐欺プレイヤーからの転業 ほか)
第5章 老人喰いを生んだのは誰か―日本社会の闇のゆくえ(老人喰いはダークヒーローなのか
カスになるまで使い尽くせ ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP