テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
ルポ 居所不明児童 : 消えた子どもたち
石川結貴著
-- 筑摩書房 , 2015.4, 245p. -- (ちくま新書 ; 1120)
ISBN : 新<9784480068286> , 旧<4480068287>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
二〇一四年春、北関東で当時一七歳の少年による強盗殺人事件が起きた。少年は一一歳から学校に通えず、一家で各所を転々としながらホームレス生活をつづける「居所不明児童」だった…。虐待、貧困、家庭崩壊などが原因で、ある日突然行方がわからなくなる子どもたち。半世紀のあいだに、累計二万四〇〇〇人もの小中学生が学校や地域から「消えて」いる。なぜ子どもの所在が不明になるのか。どうして行政は無策なのか。子どもを救う有効な手立てはあるのか。社会問題化しつつある「消えた子ども」の実態を追う驚愕のレポート。
プロローグ(ラブホテルに泊まる一一歳
居場所を求め、さまよう日々 ほか)
第1章 ひとりの少年と二万四〇〇〇人の居所不明児童(「ブラックリスト」と呼んだ教師
自分のことしか頭にない母親 ほか)
第2章 不可解な失踪(あるベテラン教師の回想
学校から忽然と消え、転校先に姿を現さない中学生 ほか)
第3章 生と死の狭間(横浜女児遺体遺棄事件
出会い系サイトを使って男を渡り歩く生活 ほか)
第4章 つながれない親たち(娘の衰弱を放置した両親
妹の死によって発見された七歳男児 ほか)
第5章 救出システムの機能不全(疲弊する児童相談所
時代遅れの情報共有システム ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP