テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
大東亜戦争 敗北の本質
杉之尾宜生著
-- 筑摩書房 , 2015.7, 222p. -- (ちくま新書 ; 1132)
ISBN : 新<9784480068439> , 旧<4480068430>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
なぜ日本は大東亜戦争に敗れたのか。情報・対情報・兵站の軽視、そしてそれを招いた科学的思考の欠如、日露戦争辛勝以来の組織の制度疲労がまず原因として挙げられる。だが数々の失敗を検証するなかで見えてくるのは、戦略がまったく欠落していたこと、そして何より失敗から学ばず、その失敗を「なかったこと」にしてしまう、帝国陸海軍の自己革新能力の劣化と喪失であった。戦史研究に長年携わってきた著者が、戦後七十年の今こそ、敗北の裏にあったものは何かを問いなおす。
第1章 情報と兵站(戦略と戦術
情報・対情報とは何か
兵站の重要性)
第2章 開戦までの経緯(開戦前の日本の国力
国力をどう判断したのか)
第3章 「シーレーン防衛」破綻の原因(開戦前の船舶損耗見積
会戦後の船舶損耗の実態
シーレーン防衛失敗の理由)
第4章 「白兵銃剣突撃主義」採用の誤り(「日露戦史」編纂過程における瑕疵
『歩兵操典』の改訂に見る不可思議
『戦役統計』による日露戦争の実相の検証
その他の「典範令」の制定に見る帝国陸軍の硬直性)
第5章 戦争指導の不徹底(開戦前の戦争指導構想
「今後採ルヘキ戦争指導ノ大綱」
希望的観測によるミス)
第6章 ガダルカナル島への航空基地設定(初期侵攻作戦終了後の動き
ガダルカナル島の戦い
奪取失敗・壊滅から撤退へ
陸軍の問題点)
第7章 戦争末期の陸海軍の迷走(帝国海軍の隠蔽体質―海軍乙事件
大戦略が欠落した陸軍―大陸打通作戦)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP