テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
地図から読む江戸時代
上杉和央著
-- 筑摩書房 , 2015.9, 234p. -- (ちくま新書 ; 1144)
ISBN : 新<9784480068507> , 旧<4480068503>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
地理的な空間をどう認識するかは時代によって異なる。その違いを象徴するのが「地図」である。大きくみれば、江戸時代は日本の「かたち」が地図上で整えられた時代であった。前期は、中世的な感覚にあふれ、観念的に日本の「かたち」が表現された。後期になると、政治や社会の変化にあわせて日本がとらえられるようになる。本書では、江戸時代の日本地図の変遷をたどり、現代の日本の「かたち」がいかにつくられたかを探る。近世史の知られざる側面を照射し、歴史地理学の世界へ読者を招待する一冊。
第1章 伝統からの脱却(江戸時代の前提
中世の日本と世界
世界のなかの日本)
第2章 一七世紀前半の日本像―交差する流れ(日本図史と江戸時代
中世の残像
幕府の日本図)
第3章 江戸時代の中期の日本図―流宣図インパクト(旅の時代
流布する日本像の変化
さかさまの世界
流宣日本図の時代)
第4章 地図を正す(「美しさ」の裏側で
「正しさ」という評価軸)
第5章 新たな日本像の展開(刷られた「正しさ」
伊能図のもたらしたもの)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP