テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
家族の思想 : 儒教的死生観の果実
加地伸行著
-- PHP研究所 , 1998 , 234p. -- (PHP新書 ; 057)
ISBN : 新<9784569603087> , 旧<4569603084>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
豊かで幸せな暮らしを享受しながらも、その内実は空虚で、何かことが起これば、すべて他人まかせでうろたえるばかりの日本人。
本書で著者は独自の儒教解釈に基づきながら、祖先からの「血の連続」・「生命の連続」に最大の価値をおく儒教的死生観こそが、日本人の「家族の思想」の根本であり、日本人が拠りどころとすべき精神であると論ずる。
少年少女の荒廃、老親介護、出生率の低下など、日本の家族が直面する問題を深く洞察し、家族再生のための本質的な議論を展開する。
序章 儒教の家族主義をめぐって—新井将敬氏との対談
第1章 儒教的仏教そして仏教的儒教
第2章 出家と在家と
第3章 「老い」の悲しみと生きる気力と
第4章 儒教に学ぶ「父性の復権」
第5章 「現代の夫婦別姓論」批判
第6章 「散骨する自然葬」批判
第7章 仏壇の復権—家族の求心力として
第8章 不自由な教育・自由な教育
第9章 少子化を抑止する寿国債—儒教的政策を
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP