テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
東京育ちの東京論 : 東と西の文化が共生する都市
伊藤滋 [著]
-- PHP研究所 , 2002 , 206p. -- (PHP新書 ; 189)
ISBN : 新<9784569616667> , 旧<4569616666>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
東京ほど鉄道とともに拡大した都市はない。
維新ののち、上野駅に降り立った東日本の人たちと汐留駅(現新橋駅)から入った西日本の人たちは、それぞれに下町と山の手の文化をつくる。
震災後、中央線と東横線の沿線開発によって罹災者たちが移動し、またそこに新しい文化が形づくられる。
そして今や、新幹線が東京圏を半径三〇〇キロにまで拡げ、東京人の生活意識を持つ人は川越、船橋、厚木、大宮に及ぶ。
「村落型巨大都市・東京」はどこへ向かうのか。
都市計画の第一人者によるユニークな東京文化論。
第1章 日本列島の東西論
第2章 東京の東西南北論
第3章 震災後、拡大する東京
第4章 戦後の住宅を提供した庶民地主
第5章 埋立地の活用で日本経済復興を
第6章 「東京」の中心は南進する
第7章 「勝者」必滅、「生者」再生の街
第8章 拡大する東京圏
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP