テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
駅名で読む江戸・東京
大石学著
-- PHP研究所 , 2003 -- (PHP新書 ; 234)
ISBN : 新<9784569625720> , 旧<456962572X>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
本書は、東京都内のJR、私鉄、地下鉄の駅名を取り上げ、その由来や地域に関わる事件、物語を文献・史料に基づき丹念に拾い集めている。
江戸時代以前は「亀無」という地名だった「亀有」。
幕府御用の警備隊が、駅名として残った「御徒町」。
ビールの名が駅名となった「恵比寿」。
明治・大正期の文人、徳冨蘆花にちなんだ「芦花公園」。
さらに、戦後まもなく、渋谷駅にはロープウェイがかかっていた話…。
日ごろ通い慣れた駅の意外な歴史が見えてくる。
江戸東京四〇〇年を振り返るユニークな地名考。
序章 東京における鉄道のあゆみ
第1章 山手線の駅名(東京(千代田区)
新橋(港区) ほか)
第2章 都心部の駅名(山手線内および周辺)(銀座(中央区)
日本橋(中央区) ほか)
第3章 東郊の駅名(二三区)(浅草(台東区)
蔵前(台東区) ほか)
第4章 西郊の駅名(二三区)(神泉(渋谷区)
駒場東大前(目黒区) ほか)
第5章 多摩の駅名(国分寺(国分寺市)
谷保(国立市) ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP