テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
荒野の宗教・緑の宗教 : 報復から共存へ
久保田展弘著
-- PHP研究所 , 2004 , 275p. -- (PHP新書 ; 313)
ISBN : 新<9784569626161> , 旧<4569626165>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
生存困難な荒野で、絶対的な神をつくり上げた一神教世界。
そこでは“厳格な戒め”の下、神の救済が説かれ、報復が神の名のもとに肯定される。
一方、豊かな自然観が神々を生み出した多神教世界は、異質な価値観に寛容であり、特に日本では、いのちの共存をはかる“おだやかな救済論”が育まれてきた。
世界各地を歩き、そこに生きる人々のありようを見つめ続ける著者は、互いのいのちの存在を認識する多神教の宗教観を“緑の神学”として提示し、世界はそこに立ち戻るべきと説く。
縦横に思索を広げた比較宗教論。
序章 なぜ戦争が肯定されるのか
第1章 ユダヤ教—神に選ばれた旅人の宗教
第2章 キリスト教—救世主の行動原理
第3章 イスラーム教—聖俗不分の宗教
第4章 神の闘い、民族の闘い—人を憎悪と悲しみに導くもの
第5章 インドに生まれた宗教—瞑想と共生
第6章 仏教—変容する救済論
終章 宗教の可能性—否定神学から肯定神学へ
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP