テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
海外貿易から読む戦国時代
武光誠著
-- PHP研究所 , 2004 , 204p. -- (PHP新書 ; 291)
ISBN : 新<9784569635231> , 旧<4569635237>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
十六世紀、鉄砲伝来とともに現れた西洋人たちは、戦国武将に大きな衝撃をもたらした。
南蛮貿易をはじめ諸外国との交流が、アジアを超えた世界の脅威を知らしめることになったのだ。
ヨーロッパではイスラム勢力を抑えたポルトガル、スペインが、世界の大分割、アジアの交易圏支配を狙う。
そして重商主義の潮流は日本にも到来した。
武将たちは西洋に対抗するため、いかにして交易圏を押さえ、天下をめざしたのか。
火薬原料の確保や楽市楽座など、織田信長の戦略を中心に、戦国動乱を国際情勢から読み解く。
序章 鉄砲伝来と時代の転換
第1章 「悪党」の時代から戦国動乱へ
第3章 倭寇とポルトガル人
第3章 ヨーロッパ中世の終末
第4章 世界に進出するヨーロッパ人
第5章 ヨーロッパ人の大失策—鉄砲伝来
第6章 南蛮貿易と西国の繁栄
第7章 戦乱の加速と織田信長の天下とり
第8章 日本経済を主導した織田信長
第9章 織田信長の外征計画
終章 ヨーロッパの変貌と鎖国
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP