テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
中国は社会主義で幸せになったのか
北村稔著
-- PHP研究所, 2005.8 , 253p. -- (PHP新書 ; 358)
ISBN : 新<9784569635248> , 旧<4569635245>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
万人に幸せをもたらす真に豊かで平等な理想社会…中国共産党が歩んだ社会主義革命への道は、目標とは似ても似つかぬ大悲劇を招いてしまった。
文化大革命は民衆に夥しい犠牲者を生んだ。
改革開放が進んだのちも官僚の汚職が蔓延し、農民への搾取が横行する悲惨な現況。
伝統的抑圧からの解放をめざしたはずの共産党は、むしろ伝統の申し子だったのではないか。
中華人民共和国は「社会主義の衣を着た封建王朝」—本書が引導を渡す。
変わりたくても変われない、逃れようのない"悲劇"への哀悼歌。
序章 中国という悲劇
第1章 虚像の中華人民共和国
第2章 マルクス主義が中国に進入した理由
第3章 なぜ国民党ではなく共産党だったのか
第4章 幸福になれない中国人
終章 中国に社会主義は必要だったのか
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP