テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
榎本武揚から世界史が見える
臼井隆一郎著
-- PHP研究所 , 2005 , 293p. -- (PHP新書 ; 338)
ISBN : 新<9784569638515> , 旧<4569638511>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
長崎海軍伝習所を経て、オランダに留学。
最新鋭軍艦・開陽丸に乗って帰国し、旧幕府艦隊を率いて五稜郭に立てこもった蝦夷島総裁。
榎本武揚の真骨頂は、しかし、知られざる後半生にある。
ロシア、清、朝鮮、メキシコ…榎本が動いた先は、必ず明治日本の転換点となる。
そして、奇妙な糸で結ばれた謎の外国人と任侠の志士たち。
遅れてきた帝国主義国家ドイツと日本の命運は。
黒船襲来から日露戦争まで、グローバリゼーションの波に挑んだ最後の侍にして、最初の外交官。
歴史をふりかえれば榎本武揚がそこにいる。
第1章 北溟有魚
第2章 幕末のプロイセン
第3章 理想の島
第4章 榎本公使の世界
第5章 東海侠雄列伝
第6章 東海の東隣
第7章 新雨天霽
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP