テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
戦国時代の大誤解
鈴木眞哉著
-- PHP研究所, 2007.3.1, 205p. -- (PHP新書)
ISBN : 新<9784569659404> , 旧<4569659403>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
武田の騎馬軍団などありえない!?
信長は桶狭間で奇襲していない!?
刀を交えたチャンバラなどそうそうなかった!?
テレビドラマではおなじみの名場面が、じつは怪しいとなったなら…。
その武将に染みついたイメージ、教科書に当たり前のように載っている事件。
私たちが信じてきた通説をいったん疑ってみることの重要性を、学界での最新の議論も交えながら浮かび上がらせる。
狸親父風の秀吉とお調子者の家康—こんな発想ができない人は、歴史を見る目がないかも!?
全47項目、あなたの"歴史常識"が試される。
第1章 怪しい人たち(存在が怪しい人
出自が怪しい人 ほか)
第2章 歪められたヒーローたち(上杉謙信(一五三〇〜一五七八)
山中鹿介(一五四五?〜一五七八) ほか)
第3章 ウソっぱちの名場面(桶狭間の奇襲戦
川中島の一騎打ち ほか)
第4章 おかしな風景(そうそう天下取りなど望まなかった戦国大名
金銭を軽蔑しなかった戦国の武士たち ほか)
第5章 不思議な合戦シーン(敵はもとより味方すら把握できなかったらしい
じつは長いあいだ戦場で威力を発揮していた弓矢 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP