テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
「日本封じ込め」の時代 : 日韓併合から読み解く日米同盟
原田武夫著
-- PHP研究所, 2007.3.1, 193p. -- (PHP新書)
ISBN : 新<9784569690049> , 旧<4569690041>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
米国の日本占領は、表向きはすでに過去のもの。
だが、金融やメディアなどの深層部分には、支配の仕組みが巧妙に残されている。
「年次改革要望書」によって、郵政民営化などの米国が望む改革が進み、それに対する批判は、思考停止の対米追従論によってかき消される…。
こうした構造は、戦前の日韓併合と重なり合うと、著者は大胆に指摘する。
日本は、かつて仕掛けたことを、逆に仕掛けられているのだ。
日韓と日米の植民地統治のプロセスを比較・再検証し、経済利権をめぐって「封じ込まれる」日本の現状を明かす。
第1章 封じ込められる日本(韓流と嫌韓流
米国が「外国」でなくなった日 ほか)
第2章 日韓併合とは何だったのか(「日本の朝鮮侵略」という定義づけ
ファシズム以前の金融・メディア支配の時代 ほか)
第3章 日本管理とは何だったのか(占領研究の壁
米国は本当に日本の独立を認めたのか? ほか)
第4章 「隠された植民地化」としての日米同盟(日本に残る「列強による東アジア支配」
英米の金融覇権が招いた「日本封じ込め」 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP