テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
龍馬暗殺の謎 : 諸説を徹底検証
木村幸比古著
-- PHP研究所, 2007.3.29, 259p. -- (PHP新書)
ISBN : 新<9784569690650> , 旧<4569690653>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
幕末最大のミステリー・坂本龍馬暗殺事件。
それは、大政奉還から戊辰戦争へと時代がうねる中で起きた惨劇だった。
当初、実行犯と目されたのは新選組、だがそれを覆す供述で見廻組が浮上。
それら幕府側の組織を統轄したのは会津藩である。
一方、討幕側の薩摩藩にも陰謀めいた思惑が見え隠れする。
徳川慶喜の処遇を巡って龍馬の存在が目障りとなったのか?
さらに、新史料から、意外な藩の影が浮かび上がる。
はたして、真犯人、そして黒幕とは?
龍馬が駆け抜けた混迷の政局を読み解き、諸説を検証する。
第一章 維新への道(土佐勤王党からの出発
坂龍飛謄
龍馬の剣術 ほか)
第2章 龍馬暗殺事件の謎(新選組説の謎
薩摩藩陰謀説の謎
見廻組説の謎 ほか)
第3章 見廻組異聞(見廻組の組織
新発見・佐々木只三郎の鎖帷子
只三郎の最期と背信の部下たち ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP