テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
神社の由来がわかる小事典
三橋健著
-- PHP研究所, 2007.7, 297, xiip. -- (PHP新書 ; 469)
ISBN : 新<9784569693965> , 旧<4569693962>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
現在わが国の神社総数は十一万余。
そのうち、神社本庁管轄の宗教法人は約八万を数える。
しかし、神社には二つとして同じものはない。
「お稲荷様」「八幡様」の名で親しまれる各神社も、祭神は同じだが、由来、祭り、建築物などはそれぞれ異なっている。
日本人にとって八百万の神々とは。
神社はいかに生活に溶け込んだのか—。
本書では、その起源、御利益、社格の違いなどをわかりやすく解説。
なぜ「神社」を「杜」と呼ぶのか?
「神宮」「神社」「大社」の違いは?
「しめ縄」とは何か?
神道学の碩学による入門書。
序章 神社とは何か
第1章 神社の定義
第2章 神社の歴史
第3章 神社の祭神
第4章 神社の祭祀
第5章 神社信仰の諸形態
第6章 神社の参拝
第7章 神社の建築
第8章 神社の文化財
終章 神社とパンテオン
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP