テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
経済人からみた日本国憲法
高坂節三著
-- PHP研究所, 2008.7, 238p. -- (PHP新書 ; 538)
ISBN : 新<9784569700472> , 旧<4569700470>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
日本国憲法制定後六〇年が過ぎ、世間でも憲法改正を求める声が大きくなりつつある。
ある経済団体のアンケートでは、じつに九〇%超のメンバーが改正に賛成と回答した。
国際社会が自由と平和を堅持し、日本が近隣諸国から信頼・尊敬される国家となるためには、どのような国のかたちが望ましいのか—現行憲法のもとでは、石油シーレーンの安全確保のために自衛隊を派遣することすら困難なのである。
海外でのビジネス経験も豊富な経済界のご意見番が、日本国憲法のあり方を問い直す。
第1章 経済界の憲法論
第2章 繁栄・平和への取り組み
第3章 資源と安全の確保
第4章 明治憲法をどう考えるか
第5章 統帥権と軍部の暴走
第6章 日本国憲法制定への動き
第7章 第九条のもつ意味
第8章 憲法改正の動き
第9章 日本のかたちを考える
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP