テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
官僚の責任
古賀茂明著
-- PHP研究所, 2011.7, 224p. -- (PHP新書 ; 745)
ISBN : 新<9784569798059> , 旧<4569798055>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
「霞が関は人材の墓場」―著者はそう切り捨てる。最高学府の卒業生、志を抱いて入省したはずの優秀な人間たちが集う日本最高の頭脳集団。しかし彼らの行動規範は、「国のため」ではなく「省のため」。利権拡大と身分保障にうつつを抜かし、天下りもサボタージュも恥と思わない…。いったいなぜ官僚たちは堕落の道をたどるのか?逼迫する日本の財政状況。政策提言能力を失った彼らを放置すると、この国は終わる。政官界から恐れられ、ついに辞職を迫られた経産省の改革派官僚が、閉ざされた伏魔殿の生態を暴く。
第1章 「政治主導」が招いた未曾有の危機(早まった日本崩壊のカウントダウン;テレビドラマ程度の対応策すら実行できなかった政府 ほか);
第2章 官僚たちよ、いいかげんにしろ(発送電の分離は十五年前からの課題だった;原発事故の一因は経産省の不作為にあり ほか);
第3章 官僚はなぜ堕落するのか(改革派から守旧派へ転じた経産省;規制を守ることが使命という「気分」 ほか);
第4章 待ったなしの公務員制度改革(増税しなければ国は破綻するという脅し;官僚一人のリストラで失業者五人が救われる ほか);
第5章 バラマキはやめ、増税ではなく成長に命を賭けよ(ちょっとかわいそうな人は救わない;年金支給は八十歳から? ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP