テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
現代建築のトリセツ : 摩天楼世界一競争から新国立競技場問題まで
松葉一清著
-- PHP研究所, 2016.05, 263p, -- (PHP新書 ; 1044)
ISBN : 新<9784569830421> , 旧<4569830420>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
ザハ・ハディド、キール・アーチ、デザインビルド…新・国立競技場をめぐる議論で飛び交った「現代建築」の固有名詞や専門用語。これだけ世間の関心を集めたのに、その歩みや作品の価値については知らないことばかり。そもそも現代建築の「現代」っていつから?モダニズムとポスト・モダニズムはどこが違う?超高層ビルは国家の象徴だけど、ショッピングモールはただの金儲けの手段?日本の現代建築の名作は、寿命わずか30年?丹下健三、磯崎新、安藤忠雄ら日本の建築家たちはなぜ世界から尊敬されるのか?本書を読めば、今日からあなたは現代建築ニュースの解説者に!
基礎編―手ほどき現代建築(モダニズムってなんだろう
解題ポスト・モダン―「東京都庁舎」
「現代建築」の現在、二十一世紀を生き抜けるか
現代建築に功徳はあるか)
臨床編 現代建築は役に立つ(一番でないとだめ!―漂流する摩天楼 「国際経済」を知る
小よく大を制す?―都市伝説「住吉の長屋」 「現代美」を知る
開き直りコモディティ―モールの挑戦 「消費社会」を知る
グローバル化のなかのアイデンティティ―風土への覚醒 「地勢」を知る
景観創造のチップス―建築家の手を縛る 「景観問題」を知る
MOTTAINAI―壊してつくるだけが能じゃない
国家損失プライスレス―新国立競技場の顛末)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP