テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
三笠宮と東條英機暗殺計画 : 極秘証言から昭和史の謎に迫る
加藤康男著
-- PHP研究所, 2017.1, 248p, -- (PHP新書 ; 1077)
ISBN : 新<9784569832722> , 旧<4569832725>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
平成28年10月27日に百年のご生涯をまっとうされ、薨去された三笠宮崇仁親王。実は、将来発表されることを望まれて、封印された歴史についての証言を遺されていた。昭和19年夏。日本が絶対国防圏と定めたサイパンが危機に陥ると、首相、陸将、参謀総長を兼ねる東條英樹への批判が巻き起こる。「このままでは日本は蹂躙される」。意を決したある陸軍少佐が、東條抹殺を企図。計画書を三笠宮に渡そうとする。そして…。三笠宮殿下のロングインタビューや未公開史料から、昭和史上、稀に見る怪事件の謎を解き明かし、歴史の闇に迫る。
序章 三笠宮からの電話と書簡
第1章 津野田少佐と牛島辰熊
第2章 知将・石原莞爾、小畑敏四郎
第3章 東條暗殺へ動く三つの影
第4章 三笠宮の翻意、津野田逮捕へ
第5章 戦後民主主義と三笠宮
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP