テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
国益から見たロシア入門 : 知られざる親日大国はアジアをめざす
藤 和彦著
-- PHP研究所, 2017.4, 252p, -- (PHP新書 ; 1092)
ISBN : 新<9784569835693> , 旧<4569835694>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
国際情勢が激動するなかで、ロシアは日本にとって信頼できるパートナーになり得ると著者はいう。多くの日本人が誤解しているが、ロシアにおける日本の好感度は非常に高く、神道に親近感を覚えるロシア人が多いなど、似通った国民性を持ち合わせている。日露の長きにわたる歴史を丁寧に辿り、現在の日露関係がどのように形成されたのかをひもといた上で、ロシアの等身大の姿を明らかにし、パイプラインを用いたエネルギー政策や、領土問題におけるソフトボーダーの導入など、両国にとって最適解となる道を独自の視点から分析する。日本人のロシア観を大きく覆す、ロシア入門書の決定版。
第1章 親日国家ロシア(実は日本人が大好きなロシア人
神道に愛着を持つロシア人 ほか)
第2章 日露の歴史を振り返る(江戸期の日露交流
樺太千島交換条約の締結 ほか)
第3章 プーチンの実像―「脱欧入亜」を目指す人たらしの指導者(プーチンがスパイを志望した理由
大統領に至るプロセス ほか)
第4章 現実味を帯びてきた、天然ガスパイプライン計画(エネルギーを中東に依存したままでよいのか
「世界の警察官」の役割を放棄する米国 ほか)
終章 これからの日露関係(共同経済活動の意義
政府首脳のリーダーシップ ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP