テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
二〇二五年、日中企業格差 : 日本は中国の下請けになるか?
近藤大介著
-- PHP研究所, 2018.9, 263p, -- (PHP新書 ; 1157)
ISBN : 新<9784569841076> , 旧<4569841074>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
習近平政権の「中国製造2025」が世界市場を席巻し始めている。「2025年までに中国が世界NO.1の製造強国になる」計画だ。着々と進行するこの計画が実現されれば、大きな構造変革が日本にもたらされる。巨大資本の中国企業が最終製品やサービスを作って世界へ輸出し、日本はそこに部品を提供する存在という「日本下請け化」現象が起きるのだ。「AI社会主義」とも言うべき国策をエンジンに疾走を続けるアリババ、テンセント、ファーウェイ等のメガ企業。これら紅船の襲来に日本はどう備え、打ち勝つべきか。気鋭のジャーナリストが日中の最新分析と未来予測を綴る。
第1章 日中逆転
第2章 日本は中国の下請けになるか
第3章 深〓(せん)―進化する世界最先端都市
第4章 「爆速」イノベーションが世界市場を制圧する―スマホ決済から自動運転・EV・ドローンまで
第5章 アリババの野望
第6章 膨張するテンセント
第7章 「中国製造二〇二五」と「AI社会主義」の衝撃
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP