テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
ボーヴォワールは語る : 『第二の性』その後
ボーヴォワール [述] ; A. シュヴァルツァー著 ; 福井美津子訳
-- 平凡社 , 1994 , 187p. -- (平凡社ライブラリー ; 51)
ISBN : 新<9784582760514> , 旧<4582760511>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
『第二の性』(1949)で20世紀後半の女性たちをみちびく灯をともし、つねに受け身を返上して能動を選んだボーヴォワールが、フェミニスム、老い、性、「愛と自由にもとづく」サルトルとの関係など、その胸中を語る。
第1章 私はフェミニストである
第2章 私たちの関係について
第3章 『第二の性』三十年ののち
第4章 老いについて、性について—七十歳を迎えて
第5章 この社会に反対する一票を
第6章 女性であるだけでは十分でない
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP